アメリカのパルから、「バイオリンのレッスンを始めたわ!」
というメールがきた。
彼女は子どものときに習っていたバイオリンを再開させたらしい。
「新しいバイオリンを買ったのよ!」と。
(バイオリンは手や腕に合わせて買い替えが必要なためかと)

子どもの頃にバイオリンをやっていた、という海外のパルたち、
意外に多い。
ポーランドのパルも「こどものときにバイオリンをやっていた」と
言っていた。

友人たちが”子どものときの習い事を再開する”という話を聞くと、
なんだかとても嬉しくなるし、きっと立派な”先生”にこどものときに
教えてもらっていたんだろうな、と思う。
「またやりたい!」「楽しかった!」という記憶を植え付けた、
というだけで偉業だと思う。

子どもの頃、とてもピアノが上手だった友人は
「ピアノの練習がイヤで、先生が手を叩くのも怖くて、
ピアノ大嫌い!」と大人になって言っていた。
そのときだけ、瞬間的な上達にとらわれてしまった結果で、
とても寂しい気がする。

先日、娘と同じピアノ教室の子が「ピアノを辞めようかと思う」と
考えていることをそのこのママさんから聞いた。
ピアノは好きだけれど…練習がしんどい、と。
いままでの練習を思うと「もったいない!」という思いが先にたつ。

ピアノだけではないだろうけれど、楽器の練習って地味で退屈。
一曲合格すれば、また譜読みから始めて、リズムがとれない、
指が回らない、と四苦八苦する羽目になり、
達成感を得られることは滅多にない。
我が家のこどもたちも何度も「ピアノ辞めたい。」と言った。
練習が嫌い、面倒くさい、という理由だけれど
「これやって、人生で何の役に立つの?」と何度聞かれたか。

その度に孟母断機を思い出す。
勉強を途中でやめるということは、こういうことよ!と、
孟子の母が編んでいたものを切った、というあの話。
子ども時代は、「激しいお母さんがいて、孟子も大変だったのね~」
と思っていたけれど、親になって気づいた。
「孟母、すごい!」
私も何か孟母断機のようなものを…
例えば、書きかけの手紙を破ってみる、
ちくちくと数日かけて刺している刺し子を切ってみる、
完成したジグソーパズルを壊してみる、
どれもこれもかけてきた労力を思うとできない。

我が家の花子、ピアノを習い続け(私の妊娠、出産でお休みしつつ)
7年目がやってくる。
今年に入って、花子の友達関係で3人、
ピアノを同じ先生に習い始めた。
「花子ちゃんのおかげだわ~」と先生は喜んでいたけれど、
小さな頃から、楽しく!笑い転げながらピアノのレッスンをしてもらって
ありがたいな~と思った。
前回のレッスンも力強い打鍵でガンガン弾く花子に、
「”ドルチェ”(甘く)って書いてあるんですけど!」
「”ピアニッシモ”(極めて弱く)なの!」と
全く違う曲が出来上がっていて先生はゼーゼー言っていた。

今年中にこの曲を弾きたい!といったきちんとした目標はないけれど、
毎年、花子は先生により目標をいわれている。
「花子ちゃん、今年こそ女子力アップね!」と。
・・・それ、ピアノで上がるものなのかしら、と思いつつ、
「今年の発表会のテーマは”女子力アップ”だから。」と
例年と同じように言われた。

 


にほんブログ村