BrowserSaver

2017/12/15

 そういえば先日、BrowserSaverなるものを作ってみました。名の通り、スクリーンセーバーでWebページを表示しようと言うものです。
Delphi Tips - WWWのTipsを参考に、バックグラウンドで動作させたTWebBrowserの画像を、ビットマップとして表示する…と。
 上記記事にはスクロールバーが見えてしまうと書かれていますが、それはCSSで対処可能です。

  body  := (Web.Document as IHTMLDocument2).Body;
  body.style.overflow := 'hidden';
  body.style.border   := '0';

としてやれば、OK。端っこに見えてたのは、borderだったんですね。きれいに消えてしまうとは。

 とりあえずいつも通り、Yahooブリーフケースにおいておきました。
Readmeはまだないですが、使い方は、まず"構成"でコンフィグを表示し、上のリストに、一行に一つずつURLを書きます。そして、適当に下のオプションを調整してOKを押してください。あとは、ダブルクリックすれば、スクリーンセーバとして動かせます。